for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=王者ハミルトン、ベルギーGP棄権の意向なし

 自動車レースF1で個人総合優勝6回を誇るメルセデスのルイス・ハミルトンは27日、人種差別に対する問題意識を高めるための運動を継続するとしつつも、今週末のベルギーGPには出場する意向を明らかにした。バルセロナで16日代表撮影(2020年 ロイター)

[27日 ロイター] - 自動車レースF1で個人総合優勝6回を誇るメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)は27日、人種差別に対する問題意識を高めるための運動を継続するとしつつも、今週末のベルギー・グランプリ(GP)には出場する意向を明らかにした。

米国では23日にウィスコンシン州ケノーシャで黒人男性ジェイコブ・ブレークさんが3人の息子の前で背後から警官に銃撃される事件が発生。米プロバスケットボール協会(NBA)や米大リーグ(MLB)、米メジャーリーグサッカー(MLS)などでは抗議の一環として試合のボイコットが起こっている。

F1で唯一の黒人ドライバーであるハミルトンは、ビデオ記者会見で報道陣に対し、「世の中の人々をとても誇りに思うし、私も彼らと心を1つにし、ここでできることをやろうと思う。F1と話をし、他にわれわれに何ができるかを考える」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up