October 11, 2019 / 2:01 AM / 12 days ago

F1=ハミルトン、ルクレールがフェラーリのエースと評価

自動車レースF1で個人総合優勝5回を誇るメルセデスのルイス・ハミルトン(左)は、フェラーリのシャルル・ルクレール(中央)について、同僚のセバスチャン・フェテル(右)を上回りフェラーリのエースになったと話している。ロシアのソチで9月撮影(2019年 ロイター/Anton Vaganov)

[鈴鹿 10日 ロイター] - 自動車レースF1で個人総合優勝5回を誇るメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)は、フェラーリのシャルル・ルクレール(21、モナコ)について、同僚のセバスチャン・フェテル(32、ドイツ)を上回りフェラーリのエースになったと話している。

F1で2年目、フェラーリではまだ1年目のルクレールだが、8月のベルギー・グランプリ(GP)で初優勝を果たすと、翌週のイタリアGPも制し、チームに2010年以来となるホームでの優勝をもたらした。さらに、ここ4戦連続でポールポジション(PP)を獲得している。

ハミルトンは報道陣に対し、「セブ(フェテル)はナンバーワンだったが、今は明らかにそうではない。(フェラーリは)シャルルのことを成長させようとしているように見える」と話した。

2015年にフェラーリに加入したフェテルは、今季まではチームのエースの役割を果たしていた。ロシアGPではスタート後にルクレールにリードを譲ることでレース前に合意していたにもかかわらず、それを行わないなどチーム内で火花を散らしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below