for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国でヒトへの感染初確認、鳥インフル「H10N3」

[北京 1日 ロイター] - 中国国家衛生健康委員会は1日、中国東部の江蘇省鎮江市に住む男性(41)がヒトとして初めて鳥インフルエンザ「H10N3」株に感染したことが確認されたと発表した。

発表によると、男性は発熱などの症状があったため、4月28日に入院。5月28日になって同株に感染したことが確認されたという。感染経路などは明らかにされていない。

国家衛生健康委員会は、H10N3は低病原性のウイルス株であり、大規模に感染が拡大するリスクは非常に小さいと説明した。

男性の容体は安定しており、退院の準備を進めている。男性の濃厚接触者に対する医学的観察では他の症例は見つかっていないという。

これとは異なる鳥インフルエンザの多くの株が中国に存在しており、一部は養鶏産業の従事者を中心に散発的にヒトに感染する。2016─17年にはH7N9株で約300人が死亡した。

国家衛生健康委によると、H10N3のヒトへの感染例はこれまでに世界で報告されていない。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up