for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾TSMCの社員が新型コロナ感染、業務に影響なし

 5月22日、半導体受託製造最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、社員1人が新型コロナウイルスに感染し、この社員と接触歴がある社員10数人が隔離に入ったと明らかにした。写真は台北で2017年4月撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 22日 ロイター] - 半導体受託製造最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は22日、社員1人が新型コロナウイルスに感染し、この社員と接触歴がある社員10数人が隔離に入ったと明らかにした。業務に影響は出ていないとしている。

台湾は新型コロナ感染防止に成功したとみられていたが、最近になって市中感染が急増している。

TSMCの声明によると、ある社員が検査で陽性結果が出て隔離に入った。同社は調査の結果、この社員と濃厚接触した12人以上を特定。感染した社員は軽度の症状が見られるが、隔離中の濃厚接触者には症状は出ていないという。

「今回の事態で業務に影響は出ていない。当社は引き続き当局の方針に積極的に協力し、感染対策を強化していく」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up