for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アフリカのコロナ死者が10万人突破、南アが約半数占める

 2月19日、アフリカのCOVID─19(新型コロナウイルス感染症)による死者が10万人を突破した。写真は南アフリカのエイケンホフで昨年8月撮影(2021年 ロイター/Siphiwe Sibeko)

[ヨハネスブルク 19日 ロイター] - アフリカのCOVID─19(新型コロナウイルス感染症)による死者が19日に10万人を突破した。他大陸と比較すると少ないが、感染第2波で急速に増加している。

ロイターの集計によると、アフリカの死者数は10万0354人。北米は50万人超、欧州は90万人に近づいている。

アフリカ全域で死者が急増しているが、中でも南アフリカが半数近くを占めている。南アは変異株を中心とした第2波が猛威を振るった。

世界保健機関(WHO)のアフリカ事務局のコーディネーターは、感染者数の増加で重症例も増え、一部の国では対応が非常に難しくなっていると指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up