for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オランダ政府、エールフランスKLM救済策で合意 34億ユーロ規模

 6月25日、事情に詳しい関係者2人よると、オランダ政府はKLM部門に対して総額約34億ユーロの保証や直接融資を提供するとともに、投票権のない役員を1人指名して取締役会に送り込む見通しだ。写真は4月2日、オランダ・アムステルダムのスキポール空港で撮影(2020年 ロイター/Piroschka van de Wouw)

[アムステルダム/パリ 25日 ロイター] - オランダのフクストラ財務相の官房室は25日、同国とフランスが合意したエールフランスKLMAIRF.PAの救済措置の詳細を説明するため、オランダ政府が26日に会見を開くと発表した。

事情に詳しい2人の関係者がロイターに語ったところでは、オランダ政府はKLM部門に対して総額約34億ユーロの保証や直接融資を提供するとともに、投票権のない役員を1人指名して取締役会に送り込む見通しだ。

エールフランスは25日、ウェブサイトに掲載した声明で34億ユーロの支援を受けることを認めた上で、この資金はKLM部門が「現在の危機を乗り切り、将来に備える」ことを後押しする目的で使われると述べた。

フランス政府は正式なコメントを拒否した。

オランダとフランスはそれぞれエールフランスKLMの株式約14%を保有。新型コロナウイルス感染拡大で旅客機の運航がほぼ停止した4月に、フランス側が70億ユーロの支援を打ち出し、オランダも20億-40億ユーロを投入する計画を明らかにしていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up