July 21, 2020 / 11:49 PM / in 17 days

主要航空会社、欧米当局にコロナ検査の共同プログラム要請

 7月21日、主要航空会社は欧米間の運航再開に向け、欧州連合(EU)と米ホワイトハウスに対し、搭乗者の新型コロナウイルス検査を実施する共同プログラムの導入を検討するよう要請した。写真はユナイテッド航空機。2020年7月、バージニア州で撮影(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 21日 ロイター] - 欧米の主要航空会社は21日、欧米間の運航再開に向け、欧州連合(EU)と米ホワイトハウスに対し、搭乗者の新型コロナウイルス検査を実施する共同プログラムの導入を検討するよう要請した。

ペンス米副大統領とヨハンソン欧州委員(内務担当)に宛てた書簡で、米アメリカン航空(AAL.O)、ユナイテッド航空(UAL.O)、独ルフトハンザ(LHAG.DE)、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)を傘下に置く英インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)(ICAG.L)の最高経営責任者(CEO)らは「欧米間の安全かつ迅速な運航再開」を求めた。

新型コロナのパンデミック(世界的大流行)で欧米間の渡航は現在、ほぼ全面的に禁止されている。

航空各社は書簡で「検査には多くの課題があることを認識している」としつつ、「欧米間市場の試験的な検査プログラムは、政府と業界が協力し合い、健康維持や信頼感の構築、安全な渡航再開に向けた課題を克服し、あらゆる解決策を模索する素晴らしい機会をもたらす可能性がある」と訴えた。

ルフトハンザの広報担当者は「われわれがフランクフルトで実施しているように、空港で検査を行うことが可能と考えているため、この問題を提起したかった」と話した。

欧米の当局者らは6月、渡航再開に向け、検査について議論したが、合意に至らなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below