for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

公共交通機関でのマスク着用義務付け、ホワイトハウスが反対表明

 7月30日、米ホワイトハウスは、新型コロナウイルスの感染防止策として航空機や鉄道、その他公共交通機関の乗客と従業員にマスク着用を義務付けるのは反対だと表明した。写真はニューヨークの地下鉄で4月撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米ホワイトハウスは30日、新型コロナウイルスの感染防止策として航空機や鉄道、その他公共交通機関の乗客と従業員にマスク着用を義務付けるのは反対だと表明した。

公共交通機関でのマスク着用義務付けは、下院で審議されている支出法案の条項に盛り込まれている。ホワイトハウス行政管理予算局(OMB)はこの条項について「過度な制約」と主張。「州や地方政府、交通機関、公衆衛生の専門家に判断を任せるべき」などとした。

航空会社や旅客鉄道アムトラック、大半の公共交通機関、空港はすでに、マスクなどで顔を覆うことを全乗客・従業員に義務付けている。

下院は31日に同法案の採決を行う予定。

関係筋によると、政権内ではここ数週間、米国の空港や鉄道駅、航空機、電車など公共交通サービスにおいてマスク着用を義務付ける命令を米保健福祉省(HHS)が出すべきかどうか議論されているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up