April 8, 2020 / 6:03 AM / 4 months ago

アングル:乗客は1人だけ、それでも飛ぶ米航空業界の苦境

[4日 ロイター] - 今月3日、ワシントン発ニューオーリンズ行きのアメリカン航空4511便に乗ったロイターのカメラマン、カーロス・バリア記者は、乗客が自分1人であることに気づいた。

今月3日、ワシントン発ニューオリンズ行きのアメリカン航空4511便に乗ったロイターのカメラマン、カーロス・バリア記者は、乗客が自分1人であることに気づいた。写真はがらがらの機内で離陸を待つ客室乗務員。4月3日、ワシントンで撮影(2020年 ロイター/Carlos Barria)

「気まずい瞬間が何度かあった」と、バリア記者は言う。

例えばテクニカルな問題で離陸が遅れることを伝えるのに、パイロットは機内放送を使わず、席までやってきて直接口頭で説明してくれた。2人の客室乗務員はファーストクラスに移ることを彼に勧め、1人のためだけに機内安全の実演をしてくれた。

「きちんと見ないわけにはいかなかった」と、バリア記者は言う。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で空の便の利用者が減少する中、米国の航空会社は運航本数を大幅に減らしている。にもかかわらず、機内はがらがらというフライトが当たり前になっている。

ワシントンのロナルド・レーガン・ナショナル空港からその日飛び立ったアメリカン航空(AAL.O)は119機。そのうち8便は乗客が1人だけ。それ以外の便もごくわずかな客しか乗っていなかったという。ちょうど1年前は254機のアメリカン航空機がナショナル空港を離陸している。

アメリカン航空のバズ・ラジャ上級副社長は2日、ロイターに対し、「じきにキャンセルする乗客さえいなくなってしまうだろう」と語った。

米運輸保安局(TSA)のウェブサイトによると、3日に保安検査を受けた搭乗客は12万9763人。昨年同日の248万人から激減した。

米航空各社は毎日損失が出ているとして、政府による支援措置を申請している。従業員への給与を維持し、新型コロナウイルス問題が沈静化して需要が回復したときに備え、スタッフを訓練しておくための支援だ。

米疾病予防管理センター(CDC)は4日、新型コロナウイルスの感染者が、前回発表時に比べて3万7926人増の27万7205人になったと発表。死者も1150人から6593人に増加した。

客室乗務員は業務を続けている。しかしロイターの取材に対し、自身を通して家族に感染させてしまうのではないかと不安を口にする人もいた。

バリア記者が乗った4511便を担当した客室乗務員の1人は、ニューオーリンズからマイアミへ飛行機で行き、がん治療を受ける父親の世話をする予定だと話す。それまでは毎晩ホテルに泊まる、4日間の勤務ローテーションだった。

アメリカン航空のダグ・パーカーCEO(最高経営責任者)は先週、ビデオメッセージのなかで、「選挙で選ばれた公職者たちは、この危機の最中でも、私たちが安全な運航を提供し続けることを求めている。私たちはその要請に応えて飛行機を飛ばし、移動する必要がある人へのサービスを続けなければならない」と語った。

乗客と乗務員を守るため、航空各社は飲み物・軽食のサービスを縮小し、機内清掃の手順を強化し、客室乗務員に手袋を着用させている。

だが、マスクは配布されていない。

ニューオーリンズに着陸するまでに、バリア記者は乗務員に仲間意識を感じるようになっていた。「私は乗務員たちがやってくれていることに感謝していたし、乗務員たちは私が搭乗していることに感謝していた」と、バリア記者は語った。

(翻訳:エァクレーレン)

*この記事は、4日時点の情報を基に構成されています。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below