April 6, 2020 / 2:11 AM / in 2 months

米アマゾン、プライムデー延期か 多額損失の恐れ=幹部会議文書

 4月3日、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは、有料会員「プライム」向けの恒例の夏の販売促進イベント「プライムデー」を少なくとも8月に延期しようとしている。写真はニューヨークで3月17日撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[3日 ロイター] - 米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)は、有料会員「プライム」向けの恒例の夏の販売促進イベント「プライムデー」を少なくとも8月に延期しようとしている。そのために想定外に抱える在庫を値引きで売ることにより、1億ドルの打撃を被ると見込んでいる。社内の日々の幹部会議の記録をロイターが確認した。新型コロナウイルス感染症の拡大のため。

ここ数年、急速に伸びていたクラウドコンピューティング・サービスが新型コロナの流行地で打撃を受ける可能性も指摘。具体的にはフランスのデータセンターの売上高への影響を挙げている。文書は、同社のデータセンターで感染のクラスターが発生しているとも説明している。

内部文書は、アマゾンが新型コロナによる経営リスクにいかに迅速に対応しようとしているかを物語る。同社はコメントを拒んだ。

プライムデーは夏場に売り上げが中だるみする対策として2015年から始まり、これまでは7月に実施。日程がずれ込むと、セールの人気商品のスマートスピーカー「エコー」をはじめ約500万個の機器を在庫として保管し続けることになる。売上高をアマゾンのプラットフォームに依存する販売業者にも影響することになる。

文書を作成したアマゾン幹部は、同社にとっての影響は最悪3億ドルになるとの見方も記している。

アマゾンはプライムデーの売り上げの詳細を公表していないが、昨年は18カ国で48時間実施され、同社によると期間中の販売の会社売上高への貢献度は20億ドルに上った。

一方、労組や一部当局者らは、アマゾンが従業員に対するコロナ感染対策が不十分だと指摘している。具合の悪い従業員が倉庫で一緒に働いていたり、配達の際の感染リスクにさらされたりしているという。従業員の抗議デモが既にいくつか起きており、労働者団体によると、3日はシカゴの配送センターでストが計画された。

今回の文書では、従業員に対人距離を取らせるため、罰則を伴う指針の導入を計画していることも明らかになった。同社は先週、従業員が適切な距離を取っているかを設置カメラの自動解析機能で監視すると発表している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below