for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、アストラ製ワクチン4月にも緊急使用許可の公算=NIH所長

3月15日、米国立衛生研究所(NIH)のコリンズ所長は、英アストラゼネカが米国で3万人の被験者を対象に実施した新型コロナウイルスワクチン臨床試験(治験)について、独立助言グループが結果を精査していると明らかにした。写真は2020年10月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[シカゴ 15日 ロイター] - 米国立衛生研究所(NIH)のコリンズ所長は15日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、独立助言委員会が現在データを精査しており、約1カ月以内に米国で緊急使用が許可される可能性があると述べた。

コリンズ所長によると、アストラゼネカが米国で3万2000人の被験者を対象に実施した新型コロナウイルスワクチン臨床試験(治験)について、独立助言委員会が現在、結果を精査。安全かつ有効であることが示されれば、米食品医薬品局(FDA)が約3週間かけて治験データを分析した後、有識者委員会が会合を開き、使用許可の可否を判断する。

アストラゼネカの広報担当者は「米国実施の第3相治験データは近く出揃うと予想している。その後、すぐに米当局に緊急使用許可を申請する」と述べた。

アストラゼネカが英オックスフォード大学と開発した新型コロナワクチンは欧州連合(EU)などですでに承認されているものの、接種後に血栓症などの副作用の事例が報告されたことを受け、ドイツやフランス、イタリアなど、欧州の複数国が同ワクチンの接種を中止している。

コリンズ所長は同問題について、これら事例を巡るデータに目を通していないとしつつも、アストラゼネカワクチンと血栓に因果関係はないとする欧州規制当局の声明に「かなり安心している」と述べた。

世界保健機関(WHO)の報道官も15日、アストラゼネカ製の新型コロナワクチン接種後に報告されている血栓症などの副作用について諮問委員会が調査を進めているものの、因果関係を示す証拠は現時点で見つかっていないと、ロイターに対し明らかにした。

コリンズ所長は、新型コロナ変異株の台頭でワクチンの効果が薄れる恐れはあるかとの質問に対し、米ファイザー・独ビオンテック、米モデルナ、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンが変異株にも十分に有効であることがこれまでのところ研究結果で示されていると述べた。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up