April 28, 2020 / 11:28 AM / a month ago

豪、新型コロナ調査で対立する中国に「経済的威圧」の説明要求

[シドニー 28日 ロイター] - 新型コロナウイルスを巡り国際的調査を求めているオーストラリア政府は、「経済的威圧」をかけたとして中国大使に説明を求めた。

豪中関係はここ数年、さまざまな問題を巡って緊張してきたが、新型コロナウイルスの発生源や感染拡大について独立調査を要求している豪政府に中国は猛反発している。

中国の成競業・駐オーストラリア大使は、27日付のオーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー紙に掲載されたインタビューで、中国の一般市民がオーストラリア製品の購入やオーストラリアへの留学を考え直すかもしれないと警告した。

オーストラリアのバーミンガム貿易・観光・投資相によると、成大使は豪外務省の当局者から電話で発言について説明するよう求められた。

バーミンガム氏はABCラジオに対し「オーストラリアは、経済的威圧、あるいは経済的に威圧するという脅迫を受けても、国家の安全保障に関する政治的立場を変えないのと同じように、主要な公衆衛生問題に関する政治的立場を変えることはない」と強調した。

一方、中国大使館は成大使と豪側のやり取りの抜粋をウェブサイトに掲載。それによると、成大使は「オーストラリア側が示した懸念を一蹴」し、「(新型コロナについて調査しようという)提案が政治的な操作であるという事実は隠せない」と発言した。

中国外務省の耿爽報道官は北京で記者団に対し、大使の発言は「経済的威圧」には当たらないとし、「最近のオーストラリアによる誤った行動を非難している中国人民の懸念を大使は指摘した」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below