for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪シドニー、9月末までロックダウン延長 一部に夜間外出禁止令

 8月20日、オーストラリア最大の人口を抱えるニューサウスウェールズ(NSW)州当局は既に2カ月近く続いている州都シドニーのロックダウン(都市封鎖)を9月末まで延長した。シドニーで18日撮影(2021年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 20日 ロイター] - オーストラリア最大の人口を抱えるニューサウスウェールズ(NSW)州当局は20日、既に2カ月近く続いている州都シドニーのロックダウン(都市封鎖)を9月末まで延長した。新型コロナウイルスの変異株デルタの感染拡大を抑制できていないことを受けた。

また、ベレジクリアン州首相は記者団に対し、シドニーで最も影響が大きくなっている12自治体のエリアを対象に午後9時から午前5時までの夜間外出禁止令を8月23日から導入すると述べた。

シドニーでは1日当たり1時間に制限されている運動時を除き、外出時のマスク着用が義務付けられる。

ベレジクリアン氏は、感染者増加のほか、一部の人々がロックダウンに従っていないために規制の強化を迫られたと説明した。

現行のロックダウンは28日までの予定だった。

NSW州で20日に報告された新型コロナ感染者は644人。大部分をシドニーが占めた。過去最多だった前日の681人からは減少した。1日当たりの感染者数は過去7日間、400人を上回っている。死者は新たに4人が報告され、今回の感染拡大局面の死者数は累計で65人となった。

16歳以上でワクチン接種を完了した人は約28%にとどまる。シドニーの感染は国内の他都市に加え、ニュージーランドにも広がっている。ビクトリア州では新たに55人の感染が確認された。また、首都キャンベラでは16人の新規確認が報告された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up