for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪、渡航者に陰性証明義務 変異種検出でブリスベーン封鎖

[シドニー/キャンベラ 8日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は8日、航空便で入国する全乗客に対し、新型コロナウイルス検査の陰性証明の提出を義務付けると発表した。

一方、クイーンズランドの州都・ブリスベーンでは、英国で最初に確認された感染力の強い変異種への感染者が出たことから、8日から3日間のロックダウン(都市封鎖)を導入し、不要不急の外出を禁止する。

感染者を隔離するために使われているホテルの従業員の感染が確認された。空港検疫以外での変異種への感染が確認された初めてのケースとみられる。

モリソン首相は、ホテル従業員が英国からの渡航者から感染したかどうかは不明だとした上で、変異種の感染拡大を防ぐため、今後入国者にウイルス検査の陰性証明提出を義務付けると説明した。

また、変異種が急速に広がる恐れがあることを踏まえると、ブリスベーンのロックダウン導入は適切な措置だと指摘した。

他の州は、クイーンズランド州からの人の流れを食い止める措置に動いている。西オーストラリア州は、クイーンズランド州からの移動を禁止すると発表。また、一部の州はクイーンズランドからの旅行者に対して隔離を義務付ける。

ブリスベーンでは、やむを得ず外出する際にはマスク着用が義務付けられる。冠婚葬祭に参加する人数も制限するほか、娯楽関連施設は閉鎖する。飲食店はテイクアウトサービスのみを提供できる。

*モリソン首相コメントなどを追加しました。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up