for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪当局、英アストラゼネカ製コロナワクチンと血栓の因果関係調査

[メルボルン 2日 ロイター] - オーストラリアのキッド副首席医務官は、国内の44歳男性が英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン接種の数日後に血栓症の疑いで入院したとの報道に関し、当局は因果関係を調査していると明らかにした。

同氏は「調査当局はまだ、アストラゼネカ製ワクチンとの因果関係を確認していないが、調査を継続している」と述べた。

豪薬品・医薬品行政局(TGA)はこれまで、アストラゼネカ製ワクチンは血栓症の発症リスクと因果関係はないとの見解を示していた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up