for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪シドニー、コロナ新規感染者が減少 ロックダウン長期化

[シドニー 15日 ロイター] - オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州当局が15日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者は65人と、前日の97人から減少した。

 オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州当局が15日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者は65人と、前日の97人から減少した。写真は7月14日、シドニーで撮影(2021年 ロイター/Jane Wardel)

最大都市である同州のシドニーでは、感染力の強い変異株「デルタ」の拡大抑制に向けたロックダウン(都市封鎖)が長期化している。

同州のベレジクリアン首相は、新規感染者65人のうち28人が感染した状態で外出していたことに言及し、ロックダウンから抜け出すには感染者数の大幅な減少が必要だと訴えた。

一方で「数字は変動しているものの安定化も見られる。急激には増加していない」とも述べた。

6月26日に始まったシドニーのロックダウンは少なくとも今月30日まで維持される。当局者は、規制を緩和できるのは感染した状態で外出していた人の数がゼロに近くなってからだとしている。

今回の流行局面での感染者数はシドニー全体で900人を超えた。死者は2人。

ビクトリア州やサウスオーストラリア州にも、シドニーから仕事で両州を訪問した引っ越し業者を介してウイルスが持ち込まれた。

ビクトリア州メルボルンでは、ショッピングセンターや公共交通機関の一部ルート、スポーツクラブなど数十カ所がウイルスにさらされた場所に追加され、当局には規制強化の圧力が強まっている。

14日には州内で10人の新規感染が確認され、屋内でのマスク着用が再び義務化された。15日は新規感染者は報告されていない。

地元メディアは15日、ビクトリア州当局が家庭での集まりの制限や屋内施設の人数制限を検討していると報じた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up