for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪州、ワクチン接種率上昇ならロックダウン緩和へ=首相

[シドニー 23日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は23日、ワクチン接種率が上昇すれば、新型コロナウイルス対策として導入した厳格な制限措置の緩和を始める必要があるとの認識を示した。

同国では、国民の半数以上が8週間にわたるロックダウン(都市封鎖)の影響を受けている。

州境の閉鎖を緩和する連邦政府の計画を巡っては、一部の州が難色を示している。

首相は会見で「いつまでも(ロックダウンを)続けるわけにはいかない。これは持続可能な生活の仕方ではない」と発言。「(ワクチン接種率が)70%や80%に達しても(緩和)しないなら、いつするのか。(緩和の)準備を進める必要がある」と述べた。

連邦政府は先月、16歳以上の人口2500万人の70%がワクチン接種を受ければ、制限措置を緩和するという4段階の計画を公表、厳格なロックダウンが必要になる「公算は小さい」との認識を示した。

ワクチン接種率が80%に達した場合は、「非常に的を絞ったロックダウン」のみが必要となり、接種を受けた人は州境を超えて国内を自由に移動できるという。

ただ、西オーストラリア州やクイーンズランド州は、連邦政府の計画について、ニューサウスウェールズ(NSW)州で感染が急増する前に合意が成立したものと懸念を表明。

NSW州では過去3日間、新規の感染者が800人を超えている。23日に報告された感染者は818人で、大半は州都シドニーの感染者だった。

ワクチン接種を終えた人は16歳以上の人口の30%。52%は少なくとも1回のワクチン接種を受けた。

接種は過去最速のペースで進んでいるが、完全接種率80%を達成するのは現在のペースで12月以降になる。

NSWのベレジクリアン首相は23日、「完全接種率が80%に達すれば、コロナと共に生きていかなければならない。デルタ株を根絶することはできない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up