for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪でデルタ株の感染拡大、3州でロックダウン

 オーストラリアで、感染力の強いインド型の新型コロナウイルス変異株「デルタ」への感染が拡大している。メルボルンで16日撮影(2021年 ロイター/Sandra Sanders/File Photo/File Photo)

[シドニー 20日 ロイター] - オーストラリアで、感染力の強いインド型の新型コロナウイルス変異株「デルタ」への感染が拡大している。ビクトリア州は20日、感染抑制策のロックダウン(都市封鎖)を27日まで1週間延長。南オーストラリア州はデルタ株への感染例がさらに確認されたことを受け、1週間のロックダウンを実施すると発表した。

人口が最多のニュー・サウス・ウェールズ(NSW)州は5週間に及ぶロックダウンを実施中だが、封じ込めに苦戦。今回の感染拡大局面での感染者は計1400人を超え、これまでで最も深刻な状況となっている。

NSW州が20日発表した新規市中感染者は78人で、前日の98人から減少した。ただ、少なくとも21人が感染した状態で外出していた。当局はこの人数がゼロ付近になるまでロックダウンを解除できないとしている。

州当局によると、入院、集中治療室(ICU)への搬送、人工呼吸器が必要な人が増えている。

ビクトリア州のロックダウンは当初5日間の予定で先週導入され、20日深夜に終了する予定だった。同州では新たに9人の市中感染者が確認された。前日の13人を下回り、減少傾向が続いているが、当局は感染拡大抑制にさらなる時間が必要と判断した。

南オーストラリア州ではこれまでに5人の感染者が報告されている。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up