for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アストラ製ワクチンの波紋拡大、豪・比など年齢制限 購入停止も

[8日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品当局が英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンとまれな血栓症の発症が関連している可能性があると指摘したことを受け、8日までに使用に年齢制限を設定する国が相次いでいるほか、同社ワクチンの購入をストップする動きも出ている。

英アストラゼネカの新型コロナワクチンとまれな血栓症の発症が関連している可能性があるとの指摘を受け、8日までに使用に年齢制限を設定する国が相次いでいるほか、同社ワクチンの購入をストップする動きも出ている。写真は4月7日、クロアチア・ザグレブで撮影。(2021年 ロイター/Antonio Bronic)

フィリピンは60歳以下へのアストラゼネカ製ワクチンの接種を停止すると発表。オーストラリアも50歳以下の人にはアストラ製ではなく米ファイザーのワクチンを接種するよう推奨した。

オランダはアストラ製ワクチンの接種を60歳よりも上の世代に限定。ポルトガルは60歳未満への接種を停止した。

アフリカ疾病対策センター(CDC)によると、アフリカ連合(AU)はアストラ製ワクチンを製造するインドのセラム・インスティチュートから同ワクチンを購入する計画を撤回し、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の購入にシフトする選択肢を模索しているという。

英国は7日、30歳未満については他のワクチンを使用するよう提言。イタリアはアストラ製ワクチンを60歳以上に限定して推奨すると発表した。フランスやドイツ、オランダも年齢制限を設けている。韓国も60歳以下へのアストラ製接種を中断した。

また、インドネシアのブディ保健相は、アストラ製ワクチンの到着が遅れているため、中国に最大1億回分のワクチンの供給を要請していることを明らかにした。

インドは、国内のコロナ感染者が急拡大する中、セラム・インスティチュートが製造するアストラ製ワクチンの輸出を一時停止する方針を示している。

アストラ製ワクチンを巡っては、当初は高齢者への効果が不明とされていたが、最近になって60歳以下の女性を中心に接種後にまれな脳血栓症が発生する事例が報告されている。

欧州医薬品庁(EMA)は7日、同ワクチンと血栓症の関連の可能性を指摘しつつも、依然として利点がリスクを上回っているとの認識を再表明した。アストラゼネカは、ワクチン接種に伴い「非常にまれな副反応」として脳血栓症が発生する可能性を明記する方向で、欧州と英保健当局と取り組んでいると明らかにした。

コロナワクチンの世界的な公平分配を目的とした枠組み「COVAXファシリティー」に関する声明の中で、アストラゼネカのソリオ最高経営責任者(CEO)はこれまでにCOVAXを通じて3700万回を超えるワクチンを供給したとし、「公平で手頃な価格のワクチンを提供するという揺るぎないコミットメントを実現するために、絶えず努力を重ねている」と述べた。

*情報を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up