for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オーストリア、成人のワクチン義務廃止 「接種促進にならず」

 6月23日、オーストリアのラウヒ保健相は、成人に対する新型コロナウイルスワクチン接種義務を廃止すると表明した。写真は2月、ウィーンのワクチン接種会場で撮影(2022年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン 23日 ロイター] - オーストリアのラウヒ保健相は23日、成人に対する新型コロナウイルスワクチン接種義務を廃止すると表明した。欧州最低水準の接種率向上にはつながらないと判断したという。

記者会見で「複数の世論調査では、市民の13%が義務化されてもワクチン接種しないことが示されており、強制措置は接種促進につながらない」と述べた。

ほぼ例外なく全成人に接種を義務付けるこの措置は、欧州連合(EU)域内唯一の厳格なものだった。しかし2月の導入時には違反者への罰則はなく、政府は3月の罰金導入前に措置を停止した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up