March 11, 2020 / 5:54 AM / 3 months ago

トランプ大統領、大手金融機関の首脳と会合へ 新型コロナ巡り

[ニューヨーク 11日 ロイター] - ホワイトハウスによると、トランプ米大統領は11日、国内大手行の首脳と新型コロナウイルスの感染拡大について協議する。

金融業界の対応策のほか、感染拡大が小規模事業者、市場、経済にどのような影響を及ぼすかを議論する。

バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、ゴールドマン・サックス・グループ、トゥルイスト・ファイナンシャルの最高経営責任者(CEO)は、トランプ大統領との会合に出席することを確認した。

会合はホワイトハウスの閣議室で現地時間午後3時に行われる。

JPモルガン・チェースは、ジェイミー・ダイモンCEOが緊急手術を受けたため、ゴードン・スミス共同社長が出席する。

リテール銀行の首脳は、一部の手数料免除など、新型ウイルスで打撃を受けている消費者や小規模事業者向けの支援について議論するとみられる。

シティは、新型ウイルスで打撃を受けた顧客について、譲渡性預金の違約金や月間口座手数料の適用を免除する。ゴールドマンも傘下のオンライン銀行「マーカス」の顧客に対し、個人ローンの返済を無利子で1カ月延長する予定。

JPモルガンやゴールドマンなど、大規模な証券部門や投資銀行部門を持つ金融機関は、新型ウイルスで市場の下落がどこまで続くのかや、大手法人顧客が市場のボラティリティーをどのように受け止めているのかを議論するとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below