April 23, 2020 / 4:22 AM / a month ago

ベルギー、新型コロナ致死率高いとの指摘に反論 算定方法に違い

 4月22日、ベルギーは、新型コロナウイルスによる死者数の算定方法を詳細に説明し、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)による致死率が世界1高い国として取り上げられるのは公平な比較ではないとの見解を示した。写真はベルギーのリエージュで撮影(2020年 ロイター/Yves Herman)

[ブリュッセル 22日 ロイター] - ベルギーは22日、新型コロナウイルスによる死者数の算定方法を詳細に説明し、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)による致死率が世界1高い国として取り上げられるのは公平な比較ではないとの見解を示した。

米ホワイトハウスは18日、ベルギーにおける致死率は10万人当たり45.20人で、状況が深刻なスペインやイタリアを上回っており、米国の4倍と分析した。

ベルギーの新型コロナ対策チームの広報担当でウイルス学者のSteven van Gucht氏はロイターとのインタビューで、「われわれの算出方法は他と比べてはるかに包括的であり、これは公平な比較ではない。われわれは、病院での死亡例だけでなく、介護施設など地域で発生した死亡例も含んでいる」と述べた。

大半の国ではCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)による死者数は、病院で陽性反応が出た患者から算出されている。一方ベルギーなど一部の欧州の国は、病院に搬送されなかったが感染が疑われる死亡例を含めている。

ベルギーでこれまでに確認された感染者は累計4万1889人、死者は6262人、このうち52%が介護施設での死亡となっている。

さらにこのうち陽性が確認されたのは4.5%で、残りは疑い例だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below