for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新型コロナのパンデミック「終わった」、バイデン米大統領が見解

9月18日、バイデン米大統領はインタビューで、新型コロナウイルスのパンデミック(大流行)は「終わった」との見解を示した。写真は1月、ニューヨークで検査を受ける女性(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 18日 ロイター] - バイデン米大統領は18日に放送されたインタビューで、新型コロナウイルスのパンデミック(大流行)は「終わった」との見解を示した。

インタビューはCBSの番組「60ミニッツ」が14日、デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーの合間に実施。バイデン氏は「コロナの問題はまだ残っており、対応が続いているが、パンデミックは終わった。(会場では)マスクをしている人はおらず、誰もが健康そうだ。状況は変わっている」と述べた。

医療体制の強化や治療薬、ワクチンの普及により米国のコロナ感染による死者は、バイデン氏の就任初期の1日当たり3000人超から大幅に減少している。

ただ、米疾病対策センター(CDC)によると、依然として1日に400人近くがコロナで死亡している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up