for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナ起源巡り米情報機関の見解分かれる、一段の調査要請=バイデン氏

[ワシントン 26日 ロイター] - バイデン米大統領は26日、新型コロナウイルスの起源について、動物からの感染と研究所からの漏えいという2つのシナリオを米情報機関が精査しているものの、見解は割れていると明らかにした。

バイデン大統領は声明で「明確な結論に近づくことができるよう、米情報機関に対し情報の収集・分析に関する取り組みを強化し、90日以内に報告するよう要請した」と述べた。

さらに「報告の一環として、中国に対する特定の質問を含め、追加調査が必要とされる分野を明確にするよう求めた」とした。

ホワイトハウスは、中国が世界保健機関(WHO)主導の新型コロナの起源を探る調査に対し十分な透明性を示したとは米国は考えていないとし、米国は引き続き中国に対し、新型コロナの起源に関する国際調査に全面的に協力するよう圧力をかけていくとした。

WHOは3月、国際調査団が中国湖北省武漢で行った新型コロナの起源を探る調査報告書を公表し、ウイルスが武漢周辺の研究所から漏えいしたとの見方は「最も可能性の低い仮説」と結論付けた。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は23日、これまで公表されていなかった米情報機関の報告書を引用し、中国・武漢ウイルス研究所に所属する研究者3人が2019年11月に、病院での治療が必要になるほどの体調不良を訴えていたと報じた。

また、ベセラ米厚生長官は25日、WHOの年次閣僚会議へのビデオメッセージで、新型コロナの起源に関する新たな調査を行うよう呼び掛けた。

WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は26日、WHOが提案する次の対応に関する最新情報を「数週間以内」に示す見通しとした。

*カテゴリを修正して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up