for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン米大統領、コロナ検査陰性 感染判明の職員と先週接触

バイデン米大統領は、先週接触したホワイトハウス職員が20日午前の検査で新型コロナウイルス陽性と判定されたのを受け、自身もPCR検査を受けたが、陰性だった。写真は、コネチカット州ハートフォードを訪れた同大統領。2021年10月15日に撮影。(2021年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 20日 ロイター] - バイデン米大統領は、先週接触したホワイトハウス職員が20日午前の検査で新型コロナウイルス陽性と判定されたのを受け、自身もPCR検査を受けたが、陰性だった。ホワイトハウスのサキ報道官が明らかにした。

19日に行った定期的な抗原検査でも陰性判定だったという。感染した職員は17日にサウスカロライナ州からペンシルベニア州に移動する際に大統領専用機「エアフォースワン」に搭乗し、バイデン氏の近くに30分程度いた。

サキ報道官によると、米疾病対策センター(CDC)の指針ではワクチン接種完了者は感染者と接触しても隔離は求められていないため、バイデン氏は公務を継続する。

職員はワクチン接種を完了し、追加接種も受けており、エアフォースワン搭乗前の検査では陰性だった。19日に症状が出始めたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up