June 4, 2020 / 7:50 AM / a month ago

英中銀、新型コロナによる損失巡り銀行に追加情報求める=副総裁

 6月4日、イングランド銀行(英中央銀行)のウッズ副総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による貸し倒れについて、銀行から追加で情報を求める方針を明らかにした。写真はロンドンで5月撮影(2020年 ロイター/Hannah Mckay)

[ロンドン 4日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のウッズ副総裁は4日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による貸し倒れについて、銀行から追加で情報を求める方針を明らかにした。

同副総裁が銀行に宛てた書簡によると、中銀傘下の健全性規制機構(PRA)が第2・四半期決算の前にデータを集め、損失の発生時期や規模について先月の試算と比較する。

「この情報によりわれわれは重要な異常値を判別し、将来の資本審査(capital exercise)に関する予想の精度を一段と高めることができる」と説明した。

英中銀は先月、2021年末までに銀行の貸倒損失が800億ポンドに達する可能性があるが、企業や家計への貸し出しを維持する体力があるとの見方を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below