for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英新車販売、2020年は約30%減 都市封鎖で戦後最大の落ち込み

[ロンドン 6日 ロイター] - 英自動車工業会(SMMT)が6日発表した英国の2020年の新車登録台数は前年比約30%減と、1943年以来の大幅減となった。新型コロナウイルス感染拡大を抑えるためのロックダウン(都市封鎖)が響いた。

新車登録台数は163万台と、1992年以来の低水準。特に落ち込みが大きかったのは、ロックダウンが初めて1カ月間通して実施された4月で、97%減だった。

英国内の自動車ディーラーは6月に段階的に営業を再開した。

SMMTのマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は「3─4カ月間で75万台近い減少となり、減少分を取り戻せなかった」と述べた。

11月にイングランドに導入された2回目のロックダウンでディーラーは再び閉鎖されたが、多くはオンライン販売で対応。それでもなお、同月の新車登録台数は27%減となった。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、イングランドとスコットランドが対象の新たなロックダウンが今週発表されており、自動車業界は影響を免れないとみられる。

SMMTは今年の新車登録台数が200万台を下回ると予想している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up