for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英大手企業の半数、コロナ前の水準回復は21年下半期と予想=調査

 7月20日、大手会計事務所・デロイトが公表した最高財務責任者(CFO)を対象とする四半期調査によると、英国の大手企業の49%が新型コロナウイルス感染拡大前の事業水準を回復するのは2021年下半期になると予想した。写真はロンドンで17日撮影(2020年 ロイター/HANNAH MCKAY)

[ロンドン 20日 ロイター] - 大手会計事務所・デロイトが20日公表した最高財務責任者(CFO)を対象とする四半期調査によると、英国の大手企業の49%が新型コロナウイルス感染拡大前の事業水準を回復するのは2021年下半期になると予想した。

21年上半期と予想したCFOは全体の33%で、既に回復したとの回答は10%に上った。調査はCFO109人を対象に、6月26日─7月8日の間に実施された。

デロイトによると、企業は雇用や投資、バランスシート上のリスク拡大の見通しについて悲観的な見解を堅持したが、前回の調査よりも悲観は和らいだという。

デロイトのチーフエコノミスト、イアン・スチュワート氏は「大手企業は売上高がCOVID(新型コロナ感染症)前の水準に戻るには時間がかかると見込んでいる」と指摘。

英企業のCFOにとっては、他のリスク要因は新型コロナの陰に隠れているという。

一方、英製造業界団体メークUKは20日、10月末が期限の政府の給与補助制度について、主要業界を対象に6カ月延長するよう求めた。

同団体のスティーブン・フィップソン最高経営責任者(CEO)は「現時点で産業界のV字回復は現実味が薄い」と指摘し、雇用喪失による影響を和らげるため、主要な戦略部門に対する給与補助制度の延長が必要だと訴えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up