for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英、今年度の借入金3940億ポンド コロナ対策で財政赤字戦後最悪

[ロンドン 25日 ロイター] - 英国のスナク財務相は25日、4月に始まった2020/21会計年度の政府借入金が3940億ポンド(5260億ドル)になると明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大への対応に費用がかさむためで、財政赤字は第2次世界大戦以降で最悪の水準に膨らむ。

スナク氏は議会で現会計年度の歳出計画を発表し、英経済成長率について、20年は18世紀初頭以来最悪となる11.3%のマイナス成長に陥るものの、21年は5.5%のプラス成長を回復するとの見通しを表明。「公衆衛生危機の収束が見えない中、経済危機はまだ始まったばかりだ。国民の命と生活を守ることを最優先する」と述べた。

20/21年度の借入金の対国内総生産(GDP)比率は19%と、戦時以外では最悪の水準。19/20年度の借入金は約560億ポンドで、対GDP比率は2.5%だった。

スナク氏によると、今年の新型ウイルス対策費は現時点で2800億ポンド。当初予想の約2000億ポンドをすでに上回っている。

歳出増の一部を相殺するために、医療保健部門以外の公務員給与を凍結するほか、対外支援を削減する。

英国はブレア政権下で対外支援の対GDP比率を0.7%とする目標を設定。ジョンソン現政権もこれを踏襲していたが、今回の歳出計画で0.5%に削減した。

スナク財務相は「英国が財政上の緊急事態に見舞われている時に、対外支援の対GDP比率を0.7%とする確約を堅持することは、正当化が難しい」と指摘。「英国はGDPの0.5%を支出し、世界の最貧国を支援し続ける。財政状態が許せば、将来的に0.7%に戻す」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up