for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英失業率、昨年10ー12月は5.1% 2016年初め以来の高水準

[ロンドン 23日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した2020年10ー12月の失業率は5.1%と2016年第1・四半期以来の高水準となった。ロイターがまとめたエコノミストの予想中央値とは一致した。

企業の雇用関連データに基づく2021年1月の被雇用者数は前月比8万3000人増加。増加幅は2015年1月以降で最大となった。

失業率は、政府の雇用維持制度によって抑制されている。同制度は4月末に終了する予定。イングランド銀行(中央銀行)は、同制度の終了によって失業率は年央には約8%に上昇すると予想している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up