for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英産業連盟、規制や課税ルールの全面的な見直しを提案

 5月24日、英産業連盟(CBI)は、規制や課税ルールの全面的な見直しをジョンソン首相に提案した。写真は英マンチェスターで昨年12月撮影(2021年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英産業連盟(CBI)は24日、規制や課税ルールの全面的な見直しをジョンソン首相に提案した。

欧州連合(EU)離脱、新型コロナウイルス危機後の景気回復、脱炭素社会の実現を巡る課題に対応することが狙い。

CBIは、2021年を転機に、経済政策を通じて、長年の低生産性に終止符を打つべきだと主張。

CBIのダンカー事務局長は「英国にとって、経済と社会を変えるこれ以上の機会は絶対にない」とし「英国経済の成長と競争のあり方について、大きな賭けに出る絶好のチャンスだ」と述べた。

CBIは規制当局に対し、イノベーションとスキル訓練を促すため、投資を優先すべきだと主張。

また、企業投資に悪影響を及ぼさない形で、財政が受けたダメージを修復するため、長期的な課税計画が必要だとの認識を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up