for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英国、マイノリティーにコロナ犠牲のリスク高く=当局調査

 6月3日、英公衆衛生庁(PHE)は2日、同国では新型コロナウイルスに感染した場合の致死率が、黒人とアジア人でより高いとのリポートを公表した。写真はロンドンで2日撮影(2020年 ロイター/HANNAH MCKAY)

[ロンドン 2日 ロイター] - 英公衆衛生庁(PHE)は2日、同国では新型コロナウイルスに感染した場合の致死率が、黒人とアジア人でより高いとのリポートを公表した。

これまでにも、新型コロナ感染でマイノリティーのリスクは高いとする複数の研究結果が発表されている。

今回の結果もそれらを裏づける内容で、最も影響を受けやすいコミュニティーを保護するための計画指針策定を政府に促すとみられるが、具体的な助言は盛り込まれていない。

ハンコック保健・社会福祉相は、「リポートを待つことなく、可能なかぎり速やかに行動に移す」と述べた。

マイノリティーの致死率の高さについては説明されておらず、医師や政治家、サッカー選手などが懸念を表明している。

PHEのリポートでは、バングラデシュ系の人の致死率は白人の英国人の約2倍、中国、インド、パキスタンその他のアジア系、およびカリブ系などの黒人の致死率は10─50%高いとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up