for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英専門家、ロックダウン強化で「惨事回避を」 新規感染最多

英政府が新型コロナウイルス変異種による死者増加を避けるには、ロックダウン(都市封鎖)のルールをさらに厳しくする必要があると、英専門家が29日に警告した。ロンドンで26日撮影(2020年 ロイター/HENRY NICHOLLS)

[ロンドン 29日 ロイター] - 英政府が新型コロナウイルス変異種による死者増加を避けるには、ロックダウン(都市封鎖)のルールをさらに厳しくする必要があると、英専門家が29日に警告した。

前日発表された新規感染者は4万1385人と、1日当たりの過去最多を更新。入院患者も4月の第1波の水準を上回っている。

ユニバーシティー・カレッジ・ロンドンの感染症疫学教授、アンドリュー・ヘイワード氏はBBCに「パンデミック(世界的大流行)の非常に危険な新段階に入っており、1月と2月の惨事を防ぐために断固とした早期の対応が全国で必要になるだろう」と述べた。

英国では7万1000人以上が陽性確認から28日以内に死亡している。

政府は19日、感染力が従来のものより最大で7割高いとみられる変異種の拡大を受け、首都ロンドンを含むイングランド南東部に事実上のロックダウンを再導入すると発表。さらに1週間後に制限を強化し、人口のほぼ半分を措置の対象にしたが、政府はこれまでのところ、全土封鎖の再導入を否定している。

首相府の報道官はヘイワード氏の懸念について、政府が見直しを続けていると語った。

イングランドの学校は来年1月4日に再開する予定。ヘイワード氏は、疫学的な観点からすると閉鎖継続が理にかなっていると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up