for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英首相、新型コロナ対策の制限措置厳格化を示唆

 1月3日、ジョンソン英首相は、国内の新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからないため、より厳格な制限措置がおそらく必要になるだろうとの見方を示した。ロンドンで2020年12月、代表撮影(2021年 ロイター)

[ロンドン 3日 ロイター] - ジョンソン英首相は3日、国内の新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからないため、より厳格な制限措置がおそらく必要になるだろうとの見方を示した。BBC放送のインタビューで語った。

ジョンソン氏は、英国の現行制度が感染拡大を抑え込むのに十分かどうかとの懸念について質問され、制限措置が「近く、より厳しくなるかもしれない」と答えた。

同氏は「検討しなければならない制限措置の厳格化には、幅広い選択肢がある。現時点では、どのような措置になるか臆測することは控える」と語った。

また同氏はクリスマス休暇明けの学校再開について「私の考えでは間違いなく学校は安全であり、教育は優先事項だ」と述べ、制限されていない地域では親は子供を通学させるべきだと主張した。

一方、最大野党労働党のスターマー党首は記者団に対し、ジョンソン首相は24時間以内に全国的なロックダウン(都市封鎖)を実施すべきだと発言。「これまでに学んだことから考えて、決断が遅れれば遅れるほど、健康と経済の両面で状況が悪化する」と訴えた。

英国では新型コロナの新規感染者数が3日に5万4990人を記録。累計の死者数は7万5000人を超えた。

政府は対応を厳しく批判されている。だがジョンソン氏は、新たに承認されたオックスフォード大学・アストラゼネカ社のワクチンの接種を加速すると説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up