for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英コロナ感染減は封鎖が貢献、緩和で再び増加へ=首相

 4月13日、ジョンソン英首相は新型コロナウイルス感染者の急速な減少をもたらしているのはワクチン接種ではなく、主に3カ月にわたるロックダウンだと指摘し、規制緩和に伴い感染者は再び増加すると見通した。規制が緩和されたロンドンで12日撮影(2021年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 13日 ロイター] - ジョンソン英首相は13日、新型コロナウイルス感染者の急速な減少をもたらしているのはワクチン接種ではなく、主に3カ月にわたるロックダウン(都市封鎖)だと指摘し、規制緩和に伴い感染者は再び増加すると見通した。

英国は昨年12月にワクチン接種プログラムを開始。これまでに、50歳以上と感染によるリスクが高いとされる人たち、および医療従事者に1回目の接種を終えた。人口に対する1回目の接種比率はイスラエルに次いで世界で2番目に高い。

しかし、ケント州で最初に見つかった変異株により感染が再び増加し、1月初めに3度目の封鎖に追い込まれた。2月以降は1日当たりの感染者数や入院者数、死者数がいずれも大幅に減少している。

ジョンソン首相は「感染抑制の大部分は封鎖により実現した。規制が緩和されれば感染増加は避けられず、悲しいが入院者や死者が出るだろう」と述べた。ただ、経済再開のロードマップを変更する理由はないとした。

同国は12日、全店舗と美容室、ジム、パブの営業を再開。スコットランド、北アイルランド、ウェールズも数週間以内に各種部門の再開を予定している。

13日には、アストラゼネカやファイザー・ビオンテックのワクチンに続いてモデルナ製ワクチンも提供が開始され、7月末までに全成人に接種を行なう目標達成を後押しするとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up