for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英専門家「懸念される変異が自然発生」、ワクチンに影響も

[ロンドン 2日 ロイター] - 英政府の緊急時科学助言グループのメンバーは2日、同国で検出された新型コロナウイルスの変異種について、ワクチンの有効性に影響する「最も懸念される」変異が発生しているとの認識を示した。

南アフリカやブラジルの変異種で確認されているものと同様の変異で、とりわけ南アの変異種を巡っては、ワクチンや治療薬の有効性に影響すると懸念が高まっている。英国の変異種についてはこれまで、ワクチンの効果に影響はないとされていた。

緊急時科学助言グループのメンバーであるカルム・センプル氏はBBCラジオに対し、英変異種が最初に検出されたケントや国内の他地域で「E484Kと呼ばれる最も懸念される変異が自然発生している」と語った。

英レスター大学のウイルス学者、ジュリアン・タン氏は、異なるタイプの変異種を制御できなければ、英国の状況は新型コロナ変異種の「るつぼ」に発展する恐れがあると警鐘を鳴らした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up