for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

追加接種、オミクロン株による発症予防に70%超の効果=英当局

英保健安全保障庁(UKHSA)は10日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)により、オミクロン株に起因する軽度なコロナ感染症を70─75%予防できるとの推計を発表した。 撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)3月

[ロンドン 10日 ロイター] - 英保健安全保障庁(UKHSA)は10日、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)により、オミクロン株に起因する軽度なコロナ感染症を70─75%予防できるとの推計を発表した。

今回の調査結果は、実験室での研究以外でオミクロン株に対する予防効果を調査したものとしては最も早いデータの一つとなる。

それによると、オミクロン株に対しては当初の2回接種によるワクチンの効果が大幅に低くなるが、追加接種により予防効果をある程度まで回復させられることが分かった。

オミクロン株への感染が確認された581人を対象に行った調査で、英アストラゼネカ製、および米製薬ファイザーと独バイオ企業のビオンテックが共同開発したワクチンは、デルタ株に比べてオミクロン株の発症予防効果が大幅に低かった。

ただ、ファイザーのワクチンを追加接種したところ、アストラゼネカのワクチンを接種していた人には約70%、ファイザーのワクチンを接種していた人には約75%の予防効果を発揮した。

デルタ株への予防効果は90%程度とされている。

UKHSAのメアリー・ラムゼイ博士は「こうした初期の推定値は慎重にみる必要があるが、2回目のワクチン接種から数カ月後にはオミクロン株に感染するリスクが比較的高くなることを示している。ただ、データはブースター接種によりこのリスクが大幅に低減することを示している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up