for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英、メルクのコロナ飲み薬承認 世界初 感染抑制に期待

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は4日、米製薬大手メルクがリッジバック・バイオセラピューティクスと共同開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」を承認した。提供写真(2021年 ロイター/Merck & Co Inc)

[4日 ロイター] - 英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は4日、米製薬大手メルクがリッジバック・バイオセラピューティクスと共同開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」を承認した。抗コロナ飲み薬の承認は世界初。英国ではこのところコロナ感染者が再び増加しており、冬に向けて、コロナ感染抑制を後押しすることが期待される。

高齢、もしくは肥満や心臓病などの持病といった重症化リスクのある軽度から中程度の症状を発症しているコロナ患者を対象に使用される。

MHRAは、新型コロナ検査で陽性が判明し、症状発症から5日以内にできる限り早く服用を開始することを奨励。1日2回、5日間の服用となる。

メルクは先月、モルヌピラビルについて、重症化の恐れがある患者の入院や死亡のリスクを約50%減らす効果があるとの中間臨床試験結果を公表した。

メルクは年内に1000万回分の治療に当たる量を生産する見通しで、2022年末までには少なくとも2000万回分まで拡大したい考え。

英政府は先月、48万回分を確保する契約を締結している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up