for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英小売大手2社、5000人超を削減へ コロナ禍で消費落ち込み

英小売大手2社は9日、新型コロナウイルス流行による消費の落ち込みを踏まえ、計5000人超を削減する計画を発表した。写真はロンドンのブーツ店舗。2005年10月撮影(2020年 ロイター/Stephen Hird)

[ロンドン 9日 ロイター] - 英小売大手2社は9日、新型コロナウイルス流行による消費の落ち込みを踏まえ、計5000人超を削減する計画を発表した。

ドラッグストアチェーン大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス WBA.O傘下のブーツは4000人を削減し、眼鏡店48店舗を閉鎖すると発表した。新型コロナ流行に伴う休業で、4月に来客数が85%減少したことを受けた措置。

百貨店ジョン・ルイスも約1300人を削減し、8店舗を閉鎖する。オンライン販売が今年と来年の売上高全体の70%を占め、コロナ危機前の40%から拡大することを見込む。

英国ではこれまでに老舗高級百貨店ハロッズや紳士服TMルーウィン、建設資材最大手トラビス・パーキンズTPK.Lなども削減計画を発表している。

英国内総生産(GDP)は3、4月に25%縮小。通年では300年ぶりの落ち込みとなる見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up