for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英、オミクロン対応2価ワクチン承認 世界初 モデルナ製

[ロンドン 15日 ロイター] - 英政府は15日、新型コロナウイルスの従来株とオミクロン変異株に対応する「2価」ワクチンを承認した。同ワクチンの承認は世界初。英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)によると、米モデルナ製で、成人向けブースター(追加)接種で使用される。

英政府は15日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株と派生型に対応する「2価」ワクチンを承認した。同ワクチンの承認は世界初。英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)によると、米モデルナ製で、成人向けブースター(追加)接種で使用される。(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

英国は9月から追加接種キャンペーンを実施する見通し。英政府の諮問機関であるワクチン・予防接種合同委員会(JCVI)は50歳以上や医療従事者、高リスクの人を対象にするよう提言している。

英国保健安全保障庁(UKHSA)の試算によると、これまでに少なくとも2回のワクチン接種を済ませている約2600万人が対象となる見通し。

MHRAは今回の承認について、追加接種によって従来株とオミクロン株「BA.1」の両方に対して「強い免疫反応」が見られたことを示す臨床試験のデータを基に判断したと説明。

また、現在主流となっているオミクロン株の派生型「BA.4」と「BA.5」に対しても「良好な免疫反応」が見られることが予備的な分析で示されているとした。

モデルナは、オーストラリアやカナダ、欧州連合(EU)でも数週間中に承認を獲得する見通しとした。

EUの欧州医薬品庁(EMA)当局者はこれまでに、変異株対応ワクチンが9月までに承認されるという認識を示し、この秋の追加接種ではBA.1を標的としたワクチンを使用する用意があると示唆している。

一方、米食品医薬品局(FDA)は米国内で今後使用するワクチンをBA.4とBA.5に対応させるよう求めている。

米ファイザーと独ビオンテックもオミクロン株対応ワクチンの試験を行っている。

*システムの都合で再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up