for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英BA、最大1.2万人の雇用削減の公算

インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は28日、傘下の英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)が最大1万2000人の雇用を削減する可能性があることを明らかにした。ロンドンのヒースロー空港で3月撮影(2020年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 28日 ロイター] - インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)ICAG.Lは28日、傘下の英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)が最大1万2000人の雇用を削減する可能性があることを明らかにした。

BAは、パイロット3900人と客室乗務員1万6500人を含め約4万5000人の従業員を抱えている。削減の対象となるのはこの4分の1以上に相当する。

IAGはスペインのイベリア航空のほか、アイルランドのエアリンガスなども傘下に保有。第1・四半期決算は、一時項目を除く営業損益が5億3500万ユーロ(5億8000万ドル)の損失となった。前年同期は1億3500万ユーロの利益を計上していた。

売上高は13%減の46億ユーロ。

第2・四半期決算は、新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた渡航制限などの影響が完全に反映されるため、営業損失は一段と拡大するとの見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up