for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダ首相、国境の早期再開を否定 感染第2波を懸念

カナダのトルドー首相は22日、早すぎる国境再開は新型コロナウイルスの感染第2波拡大につながるとして、航空会社からの再開圧力をはね返した(2019年 ロイター/BLAIR GABLE)

[オタワ 22日 ロイター] - カナダのトルドー首相は22日、早すぎる国境再開は新型コロナウイルスの感染第2波拡大につながるとして、航空会社からの再開圧力をはね返した。

定例会見で「観光客を再び迎え入れることを望む観光業者や航空会社が多くいることを理解している」とした上で、「しかし、措置が早すぎる場合、感染第2波が発生し、経済の再閉鎖につながる可能性があることを理解しなければならない」と述べた。

カナダ航空最大手エア・カナダAC.TOの幹部は同日、カナダ政府に対し、他国と同様に国境を迅速に再開し隔離条件を緩和するよう要請。「そうしなければ、航空業界およびカナダ経済の困窮が必要以上にはるかに長期化するだろう」とした。

カナダ銀行(中央銀行)のマックレム総裁はこの日、記者団に対し、航空業界の回復は他の業種に比べて長期化すると語った。

一方、オンタリオ州のフォード首相は22日、国内最大の都市トロント市で24日から事業再開が許可される見通しと発表した。

カナダで確認されている新型コロナ感染者は10万1337人。死者は8430人。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up