March 16, 2020 / 2:56 AM / 3 months ago

主要6中銀によるドル資金の供給拡充、流動性を改善=英中銀総裁

FILE PHOTO: Mark Carney, Governor of the Bank of England (BOE) attends a news conference at Bank Of England in London, Britain March 11, 2020. Peter Summers/Pool via REUTERS/File Photo

[ロンドン 15日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は15日、この日、日本や欧米などの主要6中銀が、米ドルへのアクセスを拡大するためにとった協調措置は、流動性を改善し、世界の資金調達市場のひっ迫を緩和するための一助になるとの認識を示した。

米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)、日銀を含む6中銀は15日、ドル・スワップ協定を通じた流動性供給を拡充すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けたドルの急騰に対応し、金融機関や事業会社によるドル調達コストを押し下げる狙いがある。

カーニー総裁は次期総裁のアンドリュー・ベイリー氏との共同声明で、きょうの主要中銀による協調措置は、ドルを供給する際の金利を引き下げ、より長めの期間にわたり供給することで、世界の流動性を改善する見通しだと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below