March 15, 2020 / 11:31 PM / 4 months ago

情報BOX:米財務省証券・MBSに関するニューヨーク連銀の声明全文

 米連邦準備理事会(FRB)は15日、新型コロナウイルスによる経済への影響を和らげるため、一連の政策措置を発表した。写真はニューヨークのFRB。2019年10月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 15日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は15日、新型コロナウイルスによる経済への影響を和らげるため、一連の政策措置を発表した。

米財務省証券および政府機関(エージェンシー)保証住宅ローン担保証券(MBS)に関するニューヨーク連銀の声明全文は以下の通り。

2020年3月16日付で、連邦公開市場委員会(FOMC)はオープン・マーケット・トレーディング・デスク(デスク)に対し、今後数カ月間にわたりシステム・オープン・マーケット・アカウント(SOMA)における米財務省証券の保有を少なくとも5000億ドル、エージェンシーMBSの保有を少なくとも2000億ドル、それぞれ増やすよう指示した。

FOMCはデスクに対し、米財務省証券市場とエージェンシーMBS市場の円滑な機能を支援するため、適切なペースでこれらの買い入れを実施するよう指示した。FOMCはまた、入札で引き続き、保有する米財務省証券の償還元本を全額ロールオーバーし、政府機関債およびエージェンシーMBSの償還元本を全額再投資するよう指示した。

これらの計画は、これまで公表してきたデスクの準備金管理・再投資計画に取って代わる。加えて、FOMCはデスクに対し、潤沢な準備金供給の維持を確実にするとともに、短期ドル資金調達市場の円滑な機能を支えるため、ターム物および翌日物レポオペの実施を継続するよう指示した。市場の円滑な機能を支えるため、米財務省証券の買い入れは幅広い年限と種類で実施され、最終的に発行済み米財務省証券の構成におおむね一致した買い入れとなることを意図する。

デスクは2020年3月16日に買い入れを開始し、400億ドルのクーポン債およびインフレ指数連動債(TIPS)を購入する。指示の通り、買い入れのペースは米財務省証券市場の円滑な機能を支援するため適宜調整する。これとは別に、デスクは入札で、FRBが保有する米財務省証券の償還元本全額をロールオーバーする。

エージェンシーMBSの買い入れは総じて、最近発行された期間30年および15年の固定金利債を中心にTBA市場で実施する。デスクは2020年3月16日に買い入れを開始する。2020年4月13日までの1カ月間に、デスクは約800億ドルのエージェンシーMBSを買い入れると予想する。これには3月に予想される政府機関債およびエージェンシーMBSの償還元本再投資に伴う買い入れ分230億ドルが含まれる。指示の通り、買い入れのペースはエージェンシーMBS市場の円滑な機能を支援するため適宜調整する。

レポオペは引き続き行われ、翌日物は少なくとも毎日1750億ドル、2週間物は週2回、少なくとも450億ドル、1カ月物と3カ月物は週1回、それぞれ5000億ドルを供給する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below