June 15, 2020 / 9:08 PM / 16 days ago

チリ、大災害事態宣言を90日間延長 新型コロナ感染止まらず

チリ政府は15日、新型コロナウイルス感染者が増加していることを受け、3月中旬に発出された「カタストロフィー(大災害)事態」宣言を90日間延長すると発表した。サンティアゴで8日撮影(2019年 ロイター/IVAN ALVARADO)

[サンティアゴ 15日 ロイター] - チリ政府は15日、新型コロナウイルス感染者が増加していることを受け、3月中旬に発出された「カタストロフィー(大災害)事態」宣言を90日間延長すると発表した。

チリ国内での新型コロナ感染者の増加ペースは5─6月に劇的に拡大。ここ数週間の1日当たりの増加数は平均で5000人を超えている。これを受け、人口600万人以上の首都サンティアゴでは完全なロックダウン(都市封鎖)措置が宣言された。

カタストロフィー事態の下では、自由な移動の制限のほか、食料供給など基本的なサービスを確保する権限が政府に与えられる。サンティアゴでは軍による隔離措置が定期的に行われている。

ロイターの集計によると、チリで確認された新型コロナ感染者は約18万人、死者は3300人以上となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below