for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、コロナ新規感染が1月以降最多 ミャンマー国境で増加

 7月20日、中国が発表した新型コロナウイルスの新規感染者は、今年1月以降で最多となった。写真は北京で5月撮影(2021年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[北京/上海 20日 ロイター] - 中国が20日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者は、今年1月以降で最多となった。ミャンマーと国境を接する南西部雲南省で、渡航者の感染が急増している。

中国国家衛生健康委員会によると、19日に中国本土で報告された新規感染者は65人と、前日の31人から増加。92人の感染が報告された1月30日以降で最多となった。

雲南省では国外から持ち込まれた41人の感染例が報告された。全員がミャンマーから最近帰国した中国人。

雲南省での現在の感染拡大は7月4日に始まり、ミャンマーとの国境に近い瑞麗と龍泉に集中している。ミャンマーでは6月以降、感染者が増加している。

瑞麗で19日に報告された国内感染は7人、龍泉では1人だった。

雲南省はミャンマー、ラオス、ベトナムと4000キロにわたり国境を接しており、瑞麗は陸路の重要な拠点だ。

同省での感染拡大は、感染力の強いデルタ型変異株のクラスターとしては、広東省で5─6月に広がった感染に次いで中国で2件目。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up