April 27, 2020 / 10:31 AM / in a month

新型コロナ、中国が偽情報の拡散を否定 EUの報告書受け

4月27日、中国外務省は、新型コロナウイルに関する偽情報を中国政府が拡散しているとの見方を否定した。北京で撮影(2020年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 27日 ロイター] - 中国外務省は27日、新型コロナウイルに関する偽情報を中国政府が拡散しているとの見方を否定した。

これに先立ち、欧州連合(EU)は、中国がソーシャルメディアで密かに活動していた「相当な形跡」があるとの報告書をまとめている。

外務省の耿爽報道官は27日の定例会見で「中国は誰によるものであれ、またどのような機関によるものであれ、偽情報の発信・拡散に反対している。中国は偽情報を発信したのではなく、偽情報の被害者だ」と述べた。

EUの外交政策部門がまとめた報告書は、中国政府やロシア政府などが新型コロナに関する偽情報を拡散したと指摘している。

ロイターはこれに先立ち、中国政府高官が先週、この報告書について中国政府を「激怒」させることになるとして、批判の撤回を求めたと報じていた。

報告書は先週遅くに、中国に関する一部の情報を修正して予定より遅れて公表された。EU報道官はコメントを控えている。

耿報道官は新型コロナの発生源が中国である決定的な証拠はないと主張。一部の国から新型コロナの発生源に関する独立調査を求める声が出ていることについて、そうした要求の背後にある「政治工作」は成功しないだろうと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below