for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国上海市、映画館など再開 当局は隠れた感染リスク警戒

 7月8日、中国・上海市では映画館や劇場などの娯楽施設の営業が再開し始めており、新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)解除以降、経済活動が正常化しつつある。写真は新型コロナの検査のために行列する人々。上海で7日撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

[上海 8日 ロイター] - 中国・上海市では映画館や劇場などの娯楽施設の営業が再開し始めており、新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)解除以降、経済活動が正常化しつつある。ただ、市当局者は新型コロナウイルス感染再拡大の隠れたリスクに注意するよう呼びかけている。

7日には新たに45人の感染者が報告された。前日の54人から減少し、その大半がすでに隔離対象となっている人だった。

最近の感染報告は同じ建物内での違法カラオケサービスに関連している。

上海市当局は、社会的活動を活発に行った人の間で感染が広がっており、地域社会で隠れた感染リスクがあるとして注意喚起を行っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up