for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、海南省・新疆でコロナ感染拡大 チベットで大規模検査

 8月9日、中国では南部海南省と北西部の新疆ウイグル自治区で新型コロナウイルス感染が拡大しており、西部チベット自治区の一部では9日に住民の大規模検査が行われる。写真は海南省で7日撮影。提供写真(2022年 ロイター/cnsphoto)

[上海 9日 ロイター] - 中国では南部海南省と北西部の新疆ウイグル自治区で新型コロナウイルス感染が拡大しており、西部チベット自治区の一部では9日に住民の大規模検査が行われる。

9日公表の公式集計によると、8日に本土で報告された新規感染者(渡航者除く)は828人で、7割強が海南省と新疆で見つかった。

海南省では複数の都市や町でロックダウン(都市封鎖)が行われており、国営メディアによると、観光客約17万8000人も足止めされている。

海南省政府は8日、12日までに封鎖地域以外の区域で新規感染者をゼロに抑えるため、当局はあらゆる手段を尽くす必要があると訴えた。

チベット自治区で8日に報告された有症状の新規感染者は1人で、無症状感染者は21人だった。

区都ラサは大規模なイベントを中止し、さまざまな娯楽施設や宗教施設を閉鎖。第2の都市シガツェでは、3日間市外との往来が禁止となり、多くの企業が営業を停止している。

一方、中国の首都北京や上海、深センでは新規感染者は報告されていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up