for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、北京や深センなどでコロナ規制緩和

 中国では新型コロナウイルスの感染者が過去最多近辺で推移しているが、主要都市の一部ではコロナ規制を緩和する動きが出ている。北京で12月2日撮影(2022年 ロイター/Thomas Peter)

[上海 3日 ロイター] - 中国では新型コロナウイルスの感染者が過去最多近辺で推移しているが、主要都市の一部ではコロナ規制を緩和する動きが出ている。規制に対する国民の不満が高まり、国内経済も冷え込む中、当局はより的を絞ったゼロコロナ政策を進めるとみられる。

南部の深セン市は、公共交通や公園を利用する際に提示を義務付けていたコロナ検査の陰性証明を不要にすると発表した。同様の規制緩和は成都と天津で既に行われている。

首都北京市では、陰性証明なしでスーパーマーケットで買い物ができるようになり、多くのコロナ検査所が撤去されている。地下鉄を利用する際の陰性証明の提示も5日から不要となる。ただ、オフィスなどでは引き続き提示する必要がある。

中国のソーシャルメディアには2日、クレーン付きトラックが検査所を撤去する様子を映した動画が拡散、「もっと早く撤去されるべきだった」などのコメントが寄せられた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up